お年玉でお姉ちゃんを買ってみた

お年玉でお姉ちゃんを買ってみた

▲無料画像はこちら▲

 


「ダ、ダメ!!タクヤ、やめて!!」
部屋に響き渡る晶お姉ちゃんの叫び声。
しかし、タクヤはその程度の抵抗でやめたりはしません。

 

 

「おねえちゃん、俺とエンコーしてよ」
晶におっさんの安い誘い文句のような申し込みをしてきたのは、弟のタクヤです。
我が弟ながらバカだわと思っていた晶ですが、ちょっとからかってみようという気になりました。
何故なら、タクヤはお年玉を握りしめていたからです。
つまり、タクヤは本当にお姉ちゃんとエンコーしたくてやってきたのです。

 

まあ、そういうお年頃だからねぇ・・・と思いながら、頭の中ではタクヤからお年玉をむしり取る算段を考えます。
タクヤのことですから、おっぱいを見せてあげれば満足して帰っていくだろうと思っていた晶ですが、これが間違いでした。

 

おっぱいを見せられたタクヤは余計に荒ぶってしまい、お姉ちゃんである晶に襲い掛かってきたのです!
最初はアソコを舐める程度だったのですが、遂に挿入しようとしてきたのです。

 

おっぱいやアソコを見せるくらいなら晶もそんなに抵抗がなかったのですが、本番となると事情が違ってきます。
タクヤは弟ですし、何より晶には彼氏がいるのです。
彼氏がいるのにタクヤに寝取られたなんて洒落になりません。
なんとか、タクヤを押し返そうとする晶ですが、荒ぶるタクヤに力では敵いません。

 

遂にバックから挿入されてしまう晶ですが、ここで更に悪いことが起きます。
なんと、タクヤの肉棒はとんでもなく太かったのです!!
何これ!!彼氏のより太い!!!

 

極太サイズの肉棒は晶に今までにない快感を与えてきて、思考力を奪ってしまいます。
考えることができなくなってしまった晶はタクヤにいいようにハメられてしまいます。
結局ドロドロになるまで中出しされまくってしまった晶。

 

自分の甘さを呪いますが、実はタクヤのエンコーはこれで終わりではなかったのです。
エッチに味を占めたタクヤはことあるごとにお姉ちゃんを買いまくるのです。
タクヤはかなりの額のお年玉を貯金していたらしく、タクヤの財布はなかなか枯渇しません。
その間、晶は買われてハメられて中出しされまくってしまいます。

 

そして、本当の悪夢はタクヤのお年玉が尽きたときにやってきたのです。